インフルエンザについては暴露後予防内服も認可されましたが
全額自己負担
(健康保険は使えません)のため高額となります。
 また、効果的にも予防接種を上回るものではありません。
予防接種が最も優れた方法であるといわれています。


1回接種の方 10月下旬〜11月末
2回接種の方 10月中旬〜11月中旬


に受けていただくのが最も効果的です。
2回接種の方は初回接種後1〜4週間で2回目の接種を行います。

平成30年度のインフルエンザ予防接種は10月16日より開始致します。
本年度のインフルエンザ予防接種は予約の必要はありません。

インフルエンザ予防接種は通常初回接種後、1〜4週間隔
(3〜4週間隔を推奨)で2回目の接種を行います。効果は接種後2週くらいで現れ、4〜5ヶ月間持続します。通常は1〜2月に流行することが多いので10月中旬〜11月末までに受けると良いでしょう。


 接種期間   平成31年1月31日まで
                 (ワクチンが終了した場合は早期に終了することもあります)
 
         任意接種の方へ  
         問診票(PDFファイル 1.8M)をダウンロード、ご記入いただき
         持参いただけるとスムースに予防接種を受けていただけます。

                             問診票

                       (高齢者予防接種の方は窓口で専用の用紙をお渡し致します。)

               神戸市の案内ページへ(外部リンク)

                    神戸市勧奨インフルエンザ予防接種(65歳未満の方)

                    高齢者インフルエンザ定期予防接種(65歳以上の方)

 費用等については